Alpine Guide NOMAD

装備品リスト

安全な登山のためには、的確な装備を必要充分、かつ最低限で持参する必要があります。アルパインガイドノマドのガイド山行では「共同装備」「夕朝食」はガイドが持参し、背負います。お客様は「個人装備」を過不足なくご用意ください。 コンパクトにまとめる工夫も山の技術の一つです。

装備名説明
登山靴足首までのトレッキングシューズ 長靴、運動靴は不可
ザック山行に合った大きさ
日帰り30リットル程度
泊まり45リットル程度
ザックカバーザックの大きさに合ったもの
登山用シャツ速乾性の長袖シャツ
防虫対策として手首・首回りがピッタリしたもの
登山用ズボン速乾性の長ズボン
スパッツ靴に小石が入らないように長めのもの
雨天時の防水用
下着吸水・発散性の高い素材のもの、着替えは万が一程度で最低限に
雨具ゴアテックス等防水透湿性素材の上下
ウィンドブレーカー・傘・ポンチョでの代用不可
帽子日除け用 防寒用にニットや目出し帽など
防寒具フリースや薄手のダウンなど
手袋ハイキンググローブと雨用にテムレスがオススメ
ヘッドランプ日帰りでも必携
手が空くように懐中電灯不可 要替電池
ティッシュトイレットペーパー可、使用済みティッシュは必ず持ち帰る
レスキューシート緊急ビバーク用
体温低下を防ぐアルミシート、ツエルト可
医薬品類ファーストエイド、常備薬や虫除け、日焼け止め、リップクリームなど
水筒1〜2㍑程度 ペットボトル可 プラティパス等折り畳み式おすすめ
1泊ごとにテント場で水・お湯共に供給可能
1日分を携帯できること
行動食登山中に昼食タイムをとりません。休憩ごとに小分けに食べられるもの各自持参しています。軽量化のためのお裾分けはお控えください
地図・コンパス濡れないようにジップロックに入れることをおすすめします。
なお、地図の配布はいたしません。
ストック要キャップ、シングル・ダブルはお好みに合わせてご使用ください
サングラス山の紫外線は強いです。
あると便利です。
*その他各自必要に応じたもの
*全ての装備は防水の上、コンパクトにまとめてザックの中へ
*ザックの重さ目安: 縦走10~12kg。15kg以上は不可
*集団登山です。熊鈴などの鳴り物はご遠慮ください
*温泉道具など登山で使わない荷物は車に置いていけます。ただし、荷室に限りがありますので、大型スーツケースの荷物はご遠慮ください。

*軽アイゼンを残雪状況とルートにより、持参をお願いすることがあります。4本爪は不可。
*テント泊や山小屋泊の場合、下記装備追加
シュラフ北海道は夏でも3シーズン用、羽毛がおすすめ
シュラフカバーゴアテックスなどの素材でシュラフを濡らさないためのもの
雨が降らなくてもテント内は結露しやすいため、テント泊では必携です
マットコンパクトになる半身用エアマットがおすすめ(エアマットレンタルはありません)ロールマット可
食器汁物も入る深めの器2つ、コップ、箸、スプーンなど
紙製や使い捨てのもは不可
携帯トイレトイレ設備のない野営指定地がほとんどです。ガイドより¥600で購入可能
着替え就寝時の着替えは万が一用の下着などと兼ねると荷物が減らせます
サンダルコンパクトで軽いもの、テント泊の場合はあると重宝します なくても可
*テント・食糧などの共同装備はガイドが持ちますが、場合により500g程度、分担して持っていただく場合があります。ご協力お願いします。
*春や秋の寒さ対策について以下の装備があると便利です
 ・インナータイツ
 ・ニット帽または薄手の目出し帽(頭部・頚椎の保温が重要)
 ・夏用テムレス+薄手の手袋(このセットをスペアとして)
 ・インナーダウンジャケット/ベストなど(体幹部の保温が重要)
装備名説明
沢靴沢足袋ではなくて靴紐タイプの沢登り用のもの
ウォーターシューズ不可
ヘルメットどんなものでもOK
沢ベルト簡易ハーネスかスワミベルト
環付きカラビナクライミング用の安全環付きのカラビナ1つ
ネオプレン靴下ネオプレン素材の沢用ソックス
沢スパッツ足首から脛までの保温と保護のため
*沢装備のレンタルあります
*登山道下山では登山靴がおすすめです。
装備名説明
登山靴アプローチシューズ
通常の登山靴でも可
ザック日帰り用30㍑程度
雨具ゴアテックス製などの上下
帽子日除け用
手袋ビレー用は革手袋を
防寒具夏も必携、フリース素材のもの
クライミングシューズ自身の足に合ったものを
ハーネスベーシックタイプのものを
ヘルメットクライミング用ヘルメット
スリング懸垂下降やセルフビレイ用に60cm、120cmのものを
確保器(ATC)ビレイデバイス。ATCタイプがおすすめです。
HMS(洋ナシ)型カラビナビレイデバイスセット用
環付きカラビナ安全環付きカラビナ
3つ
チョークバッグあると便利です。
*装備レンタルあります。事前にご連絡ください
装備名説明
スキーまたはスノーボード一式使い慣れたもの。最低限の修理道具も
ブーツ履き慣れたもの
ストックボードの場合は伸縮できるもの
シールまたはスノーシュー登り用
帽子雪山用の保温性の高いもの
目出し帽(バラクラバ)もおすすめです
手袋登りは薄手、滑るときは厚手
ゴーグル曇った場合用にスペアのゴーグルも必要
サングラス雪の照り返し、吹雪時の目の保護に
ザックボードの場合は装着できるもの
防寒具コンパクトになるダウンなど
雪崩トランシーバートリプルアンテナのデジタル。これから購入される方は事前にご相談ください。
プローブ(ゾンデ棒)長さ200cm以上
シャベルコンパクトにザック内に収納できるもの
行動食小分けにして休憩ごとに食べれれるもの。おにぎりは凍ります
飲料水暖かい飲み物がベストでテルモスなどポットに入れてくるとベスト
レスキューシート緊急ビバーク用
ヘッドランプ緊急用
ファーストエイド常備薬や日焼け止め
*装備レンタルあります。
*雪崩トランシーバー、プローブ、スノーシューなど何もない方も全部込みで3000円で装備レンタルができます。
また、これから購入検討の方も、優れた機種のアドバイスもできますので気軽にご相談ください。
装備名説明
スノーシューMSR社製がノマドのおすすめ
お持ちでない方はレンタルがございます
ストック2段伸縮式が良い。バスケットは大きいものを
登山靴前後にコバがある冬用登山靴
スパッツ冬用
ザック日帰り用、30㍑程度のもの
アウター上下冬用防水・透湿性のもの
ミドル上下中厚のフリース、下はフリースパンツなど
インナー上下冬用厚手の長袖・タイツがベースになります
靴下冬用中〜厚手のもの
ダウンジャケットインナーダウン、アウターもビレー時に有効○
帽子冬用。耳をお終えることが重要。ヘルメット下に着用
目出帽(バラクラバ)あったほうが良いです
手袋革製の中厚〜厚手、操作性の良いものを
サングラス雪目防止、ゴーグルも有効
アックスアイスクライミング用2本
アイゼンアイスクライミング用
ヘルメットクライミング用
環付きカラビナ2枚
スリング120cm1本
確保器ATCやルベルソ
ハーネスクライミング用
行動食小分けで食べやすく、凍らせないこと
飲み物テルモスで暖かいものを
ヘッドランプ必須!コンパクトで十分な明るさが必要
非常用装備ツェルト・ろうそく・マッチ・カイロ・非常食など
温泉道具下山後の着替えや洗面道具
*レンタルが必要な方は早めにご連絡をお願いいたします。
装備名説明
スノーシューMSR社製がノマドのおすすめ
お持ちでない方はレンタルがございます
ストック2段伸縮式が良い。バスケットは大きいものを
登山靴前後にコバがある冬用登山靴
スパッツ冬用
ザック日帰り用、30㍑程度のもの
テント泊の場合、50㍑程度
雪崩装備*雪崩トランシーバーを装備してください
アイゼン*10本爪以上のもの。要事前調整。
ピッケル*使い慣れたもの、55-60cmが良いです
ハーネス*環付きカラビナとセットで
アウター上下冬用防水・透湿性のもの
ミドル上下中厚のフリース、下はフリースパンツなど
インナー上下冬用厚手の長袖・タイツがベースになります
靴下冬用中〜厚手のもの
ダウンジャケットインナーダウン、アウターもビレー時に有効○
帽子冬用。耳をお終えることが重要。
目出帽(バラクラバ)吹雪の時に。ネックウォーマー可
手袋薄手+中厚手以上の2つとゴム手袋があると○
サングラス雪目防止、ゴーグルも有効
日焼け止め冬山では曇っていても紫外線強め
行動食小分けで食べやすく、凍らせないこと
飲み物テルモスで暖かいものを
ヘッドランプ必須!コンパクトで十分な明るさが必要
非常用装備ツェルト・ろうそく・マッチ・カイロ・非常食など
温泉道具下山後の着替えや洗面道具
*が付いている装備は、残雪状況とルートにより持参をお願いすることがあります。ツアー要項に記載、もしくは個別にご連絡いたします。

*テント泊や山小屋泊の場合、下記装備追加
テントシューズ雪上テント泊には必携
シュラフ&マット3シーズン+カバー
マット厚さは最低3cm以上
食器器2・カップ1・箸